Diary

@ssig33

最近 Hotwire をちまちま使っている 。 Rolling Icon くんも Hotwire でフロントエンド書き直してみた。

こんなかんじの SPA っぽいものならわりとすぐ作れる。 Rails のサーバーサイドの書きやすさもあってなんなら next.js とかで作るよりずっと速くできると思う。それから Rails のテストの書きやすさ(特に E2E テスト)もあって圧倒的に堅牢だと思う。

Tailwind が使えるのでスタイルはそれでやればいいと思う。ちょっと前まで MUI/Chakra UI とか使えないの辛いなあとか思ってたのが、 Tailwind に慣れるともうこれでいいやってなって next.js で書くときも twind ってやつ使うようになった。

とはいえ。

  • これが流行るとはとても思えない
    • 「テスト書きやすい」ぐらいで next.js から人がこっちくるとは思えない(みんなろくにテスト書いてないでしょ、知ってるぞ)
  • なんというかとにかくすべてがワンテンポ遅い
    • React で「普通」に書いたやつと比べてとにかくなんか微妙にモッサリ、みたいな感じになりがち

結構頑張っても精々 Hey ぐらいの使用感にしかならんのよね。とはいえ Hey は「あのレスポンス」にも関わらず GMail とかより体験がいいと思う。それはデザインにコストをかけまくって UX が徹底的に練り込まれているからだと僕は理解している。

なんというかそこらの一般人がサイト/アプリ作るんだったら

  1. MUI とかそのへん使ってマテリアルデザインに乗っかってしまう
  2. React 使ってなるべく必要そうなものはプリロードして最速で動くの作る
  3. next.js の SSR/ISG/SSG を活用してファーストロードを常識的な範囲で最適化する

みたいなかんじで「そこそこのデザインで結構速い」みたいな感じを狙っていくほうがコスパがいい、という気がしている。

とはいえ Hotwire をここ数週間触っていて「悪くないな」という感じが結構強くあり、しかしこんなもん触ってて人生になんの意味が、とか考えたりもする。